風俗にも役立つ!好感度アップ術|店長日記|こあくまな熟女たち 広島店(KOAKUMAグループ)

写メ日記
風俗にも役立つ!好感度アップ術

2017年10月17日(火) 17:46

『お仕事を減らさない方法』

とも言える内容です。

風俗のお仕事は歩合給なので
1本でも多く行けば収入がアップ。

1本1万円のお給料と考えれば
すごく大きいですよね。

お仕事に行くには、

リピーターや写メ日記など
自分の力でということもありますが、

お店に頼るケースもあります。

お店に頼るというのは
フリーだったり、勧めてもらって
お仕事が入るというケースです。

それには好感度が重要です。

好感度が高ければ、

「この子につけよう」

と優先的にしてもらいやすいし、

「誰がお勧めですか?」

とお客様から聞かれた時に、

「この子がお勧めです」

とお店に言ってもらいやすいです。

そのポイントを解説していきます。

電話を切るのは相手から

風俗のお仕事で働くにあたって
お店との電話のやりとりがあります。

出勤連絡や接客の際の時間連絡など。

「今度の出勤日時は○○です」
「何分で入ります」

そういったやりとりを。

・電話を切るのは相手が先で自分が後

ということを意識してみて下さい。

・お店スタッフが先に切る
・自分が後に切る

ということですね。

目上の人を立てる、意味をもちますから。

もし、自分が立場が上なのに
相手に先に電話を切られたら
イラっとしませんか?

風俗に限らず社会人であれば常識で
一般の会社やパートでも役立ちます。

マナーに厳しい方だと
自分の方が先に切ると、
注意されることがあるかもしれません。

ポイントは、

・相手が切るのを待つ
もしくは
・5秒くらい待ってから切る

ようにするといいです。

なかなか切ってくれない方も
中にはいますからね(笑)

「ちゃんと気を遣ってるんだな」
「気遣いができる人なんだ」

と印象がすごく良くなります。

風俗に話を戻すと、

厳しいお店なら注意される可能性もあるし
面接で落とされる原因になる場合も。

そうでなくとも、

「お客さんとの接客は大丈夫なのかな」

と気遣いできるか心配されることにも。

メールなどは自分が送って終了

メールやラインのやりとりも
同様の考え方ができます。

・やりとりの終わりは自分

にしていきましょう。

例)出勤連絡

自分「お疲れ様です。出勤は○日です」

お店「分かりました」

で終わるのではなく、

自分「よろしくお願いします!」

で終わるようにするということ。

丁寧な印象になって好感がもてます。

自分が送って終了しないと相手は、

「ちゃんと読んだんかな」
「何で返事しないんだよ」

みたいな感じで、
電話と同じように不愉快な気持ちになって
マイナスの印象に
なってしまうことが。

目の前に目上の人がいると思うと
イメージしやすいかもしれません。

それと同じように
電話やラインなども対応しましょう。

基本は立場に合わせた対応を

今回説明したのは
相手が立場が上という場合です。

もし相手が下の立場であれば、

・電話は自分が先に切る
・ラインなどは相手のメッセージで終了

というように逆になります。

説明しなくても分かると思いますが(笑)

礼儀正しかったりマナーがある方との
やりとりだと、相手が気を遣って
変な感じになることもあるので。

電話の切り方がぎこちないとか
メールやラインのやりとりが長引くとか。

相手に気を遣わせないためにも
基本に沿った対応をすればいいと。

風俗で働くにしても
一般のお仕事をするにしても。

ただ、あくまで基本なので
お互いの人間関係や性格などで
臨機応変にして大丈夫ですけどね。

具体的なステップ

1 電話は相手が切ってから自分が切る
2 ラインなどは自分が送信して終了する
3 相手が目の前にいると思って対応する

ということですね。

相手を気遣うことを意識してみて下さい。

本日のまとめ

【電話やラインなどで人柄を判断される】

 

厳しい風俗店だと、

面接で落とされたりお仕事を入れる
優先順位を下げられたりするかも。

当店はそこまで厳しくはないですが、

どちらか1人を選ばないといけない場合は
自分も感情がある人間ですから・・・。

出勤予定